映画『羊と鋼の森』

以前、本を読んで映画化されたら絶対に観よう!と決めていた、映画『羊と鋼の森』を観てきました。

小説も良かったけど、映画はもっと素敵でした。

 

ピアノは調律師によって普通は一年に一度、音程や音色を調整してもらいます。

この映画はその調律師のお話です。

 

 

 

映像も素敵でしたが音楽も素晴らしく、映画を見終えた後サントラCDを買って帰りました。

 

エンディングテーマの久石譲さん作曲、ピアノ演奏辻井伸行さんの協演はもちろんですが、辻井さんのソロの作品集はすごい!!の言葉しかありません。

 

 

今夜もその中の、ラヴェル作曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』を聴きながら休みたいと思います(-_-)zzz

 

 

それでは、

おやすみなさい