修学小旅行(奈良)

先日、奈良に行ってきました。

今まで奈良といえば、大仏様と鹿しか知らなかったわたし・・・(^_^;)

 

今回はじめて、室生寺・長谷寺・大神神社を巡ってきました。

室生寺リーフレットより
室生寺リーフレットより

 

女人禁制の高野山に対し、女性にも開かれた道場「女人高野」として親しまれてきた室生寺。

 

金堂には御本尊・釈迦如来立像や十一面観音菩薩像、

弥勒堂に収まる釈迦如来坐像、灌頂堂(本堂)、法隆寺に次ぐ古塔の五重塔などなど国宝があります。

 

山林修行の道場の室生寺。

 

奥の院へは、杉の大木が立ち並びシダの群生地の中の石段で行きます。

しんと静かでピリッとした空気で、なるほど修行にはピッタリ。

でーもー!

「この石段、ナン百段あるのぉー」

「昔の人は着物でよくのぼれたもんだわー」と叫びたくなる急こう配の石段。

手すりをつかみながら、やっとのことで上がりました。

ホント途中何度も上がるのを辞めようと思ったことか(-.-)

 

下るのも石段を踏み外しそうで・・・

しっかり手すりを磨いてきました(汗)

 

脚が痛いし膝はガクガクになりながら、次の目的地長谷寺へ

 

長谷寺リーフレットより
長谷寺リーフレットより

 

 

仁王門から本堂に向かうまでの長い『登廊』

 

風雅な長谷型灯篭が吊るされていて素敵です。

 

 

 

断崖絶壁に懸造り(舞台造)された国宝の『本堂・大殿堂』

 

 

 

 

現在春の特別拝観中なので、本堂の中のご本尊・十一面観世音菩薩(約10メートル)の拝観もできました。

 

観音様の大きな大きなお御足をさすりながら、お参りしてきました。

いただいた特別拝観記念の腕輪を身につけることにより、観音様とご縁が結ばれたしるしになるそうです♥

大事にします。

 

 

『五重塔』

 

春の夜や こもり人床し 堂のすみ

 

花の御寺の長谷寺。

次はお花やもみじの時期を見計らって訪れたいです。

 

 

 

さて、次は『大神神社』

 

日本最古の神社、大神(おおみわ)神社は三輪そうめんで知られる奈良県桜井市三輪にあります。

ご神体は神社の後ろの山、三輪山全体。

ご祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)。

国造りの神であり、人間生活全般の守護神だそうです。

 

 

パワースポットでもある大神神社で、パワーを注入してきました。

 

 

 

 

 

日ごろの運動不足をひしと感じた、今回の奈良ツアー。

駆け足で巡りましたが、とても楽しい有意義な一日になりました♪

 

 

 次の日、

『家庭画報3月号』 P92,93
『家庭画報3月号』 P92,93

 

 

「国宝を観る」が目に入ったので、その雑誌を購入。

室生寺はもちろん、たくさんの日本の国宝が掲載されています。

 

 

ゆっくりじっくり見て、次の計画の参考にします。