卯の花色

白 Whiteのことを、卯の花色(うのはないろ)というらしい。

 

ウチに届く季刊誌に掲載されていました。

卯の花色

『卯の花色(うのはないろ)は、その名の通り卯の花のようにわずかに青みがかった真っ白な色をいいます。初夏に咲く花ですが、雪や白波にも例えられ、平安時代から白を表現するのに用いられてきました。』

[住まいるON LINE VOL.59 2015 WINTER]の表紙に掲載

 

 

色は数えきれないほどあるし、それぞれに名前もあります。

日本の伝統色の白系も、和色大辞典で調べると「卯の花色」以外に「胡粉色」「白磁」「生成り色」「乳白色」などいろいろあります。

桜色(さくらいろ)若草色(わかくさいろ)露草色(つゆくさいろ)浅葱色(あさぎいろ)・・・

日本の伝統色を表す名前、なかなか素敵なものばかりです。

 

 

 

卯の花の ともにし鳴けば 霍公鳥 いやめづらしも 名告り鳴くなへ

 

↑この場合は、色を表現しているのではなく「卯の花」そのものだけど・・・(笑)

卯の花って、『おから』のことだと思ってたらお花だったのね。

あはっ、知りませんでした。(^_^;)