カクテル語源


昨晩、発表会のお疲れさま会?!に行きました。


ふと、お店のスタッフの胸を見ると、雄鶏のバッジがついていました。

で、聞いたところ・・・

諸説あるカクテルの語源のうちのひとつの、「雄鶏の尻尾(コックス・テール)」説にちなんで、そのバッジをつけているのだそうです。


「雄鶏の尻尾」説

・アルコールが含まれていることがわかるように、目印として羽根をグラスにさす。

・また、それをかき混ぜるために使われた。etc.

この羽根は雄鶏の尻尾を使ったので、

cock tail(コックテール) → cocktail(カクテル)となったそう。

 

 

『アラウンド・ザ・ワールド』(グリーン) 『コスモポリタン』(ピンク)
『アラウンド・ザ・ワールド』(グリーン) 『コスモポリタン』(ピンク)


わたしのカクテルのオーダーの仕方は、「何色ので!」とかそのカクテルの名前(意味)ですることが多いのですが、それはカクテルならでは。

カクテルの魅力のひとつです。


大好きなカクテル『マイルストーン』(赤) 意味:里程標・画期的な出来事・重要な時点  など
大好きなカクテル『マイルストーン』(赤) 意味:里程標・画期的な出来事・重要な時点 など


 

おいしいカクテルを飲んでほろ酔いになりながらも、ちゃんとお勉強もした夜なのでしたー

(*^。^*)