男の人格をつくる

ニューヨーク特集が載ってる同じ雑誌の『FASHION』のページは「Men's Shirts」についてのコラムでした。


なになに、男の人格をつくるワイシャツ・・・


ワイシャツは

・社会人の名刺のようなもの

・選んだ人生の保証書のようなもの

・取扱いには、男の生きざまがハッキリ示される

・男の印象は、少なからずワイシャツの印象で決まる

・生き方や暮らしまであぶりだされる

・・・

自らを投影して、社会と向き合う「自分自身」であり、「自分に見せる自分」でもあるはずだ。

ワイシャツの有様が、社会人としての、気概を高めても不思議じゃない。

・・・ ・・・

(ふむふむ)

男にとって、ワイシャツは人生をそこまで一緒に生きていく「特別な一枚」なのである。

(なのだそうです。すごっ!)


 

なるほど。ホントそうかもね~

 

既婚者の場合、男性本人だけじゃなく、奥さんも同じだとわたしは思うのよね。

素敵な男性を見て、「どんな奥さまなんだろう?」と思うし想像するし・・・

反対に、素敵な(逆な場合も)奥さんを見て「どんなご主人なんだろう?」とか「どんな暮らしをしてるんだろう?」とも。

ワイシャツを着ない人でも、老若男女問わず『身なり』ってある意味かなり重要だと思います。

外見だけで人を判断してはダメといいますが・・・

第一印象が、良いにこしたことはありませんから。

外見だけその場しのぎをしても、立ち居振る舞いや、話し方、会話の内容などなどでだいたいその人が出て、分かってしまうし・・・ ・・・

(この先は、長文になりそうなのでやめときます。)

 

 

わたしももちろん男性のスーツ、ワイシャツやネクタイ、靴、時計など持ち物をチェックします。(笑) 

でも、

男性がおしゃれにこだわりをすごく持ちすぎる人は、わたしは苦手ー。

まして、不快感を人に与える人は絶対イヤだー。(NG)

高価なものでなくても清潔で、TPOをわきまえた、本人に見合う身なりをしてる人がいいと思います。

 

わたしは実生活に見合うよりも、少しランクアップしたものについつい目が行ってしまい欲しくなってしまう・・・(汗)

 

 

男性も女性も、理想は『洗練』

でも、それってなかなかできなくて難しいことです。

 

 


まずは、早急に主人のクローゼットをチェック!!