芸術の秋

昨日、すてきな先生からすてきなお話をお聞きしました。

 

 

名古屋造形大学特任教授/洋画家の山本正英(やまもとまさひで)先生から

「英国風景を求めて」-ひとりスケッチの旅-  と題し、

【なぜ英国風景なのか】

1.英国風景と出会うまで 

2.英国風景との出会い 

3.ひとりスケッチの旅あれこれ

を、たくさんの先生の作品をパワーポイントを使い、お話や説明をしていただきました。

 

イギリスとスコットランドはわたしが好きな国なので、この講座に参加しました。

 

その地域・土地(街)の建物(古い)はそれぞれ、なぜみんな同じ色の外壁なのか?とか、英国はフランス・イタリア・スペインなどと違って、スケッチしていてもだれも寄ってこない大人の国とか、コハク色(ウイスキー色)の美味しい水のお話とか、スコットランドの海岸に、先史時代の人の夢を想う・・・などなど

わたしの好奇心をくすぐる、わくわくするお話をたくさん聞くことができました(^.^)

 

事前申し込み、定員60名でしたが、満員!

先生への質問タイムでは、わたしにはよくわからない美術的な専門的なことも出たのですが、その中で「雑音と音楽の違い」についても交えてお答えされていました。

それにはわたしも「なるほど!!」でした。

 

 

わたしが時々訪れる「メナード美術館」別館、アネックスホールにて・・・

 

芸術の秋ですからね~♪