アタバッグ

この季節にぴったりの「アタ」のバッグをお持ち帰りしました。

はい。衝動買いです。(笑)

 

アタとは、インドネシアに自生するシダ科の植物。

その茎を裂いて、細い紐を作って編みこんで、いろいろな製品を作るんだって・・・

(知らなかった)

 

紐を編んで形ができたら、バリ島の直射日光で天日干しをし、ココナッツと砂糖で燻製する・・・

と、アタ製品が出来上がるのには手間と時間がかかるらしいです。

 

 

 

1点1点手作りなので、それぞれデザインや編み方が違います。

購入したのは、コロンとしたカジュアルなものでリーズナブル(^.^)

他にも、

和服のときに持ったら素敵な、もっと細い紐を隙間なく編んだバッグもありました。

それは手が込んでる分、お値段もそれなり・・・

 

 

お店の方から「あなただけの世界に一つだけのバッグだから、長く20年以上は使ってくださいね~」と言われてきたし、年月とともに色合いも変わるらしいし、

 

大切に使います!!